「引き締め」が必要な土壌環境!

巨大殺戮地獄中禍!

http://m.youtube.com/watch?v=p6qCezxiHPM&sns=gr

〔「サタデー・イーヴニング・ポスト」フレデリック・ウ゛ィンセント・ウィリアムズ記者「Behind the News in China」〕

「もし諸君が支那で商取引をする場合,信用できる署名をもらひ,その契約を租界内の裁判所に保証してもらはねばならぬ.さもないと,その契約は何の価値も持たない.すなはち,諸君は自分が正当な論拠を持っているといふことだけでは頼りにならぬのであって,もし今の支那に法律があるとすれば,必ずや法律上の手続きを根拠とするか,または実力を行使できなければならぬ」

「要するに支那人の生活は,幾百年もの間,烈しい闘争の生活であつたため,金が彼らの神になつてしまつたのである」

〔孫観漢『病める中国人』〕

「中国人は過度の利己心があり,自分のことだけで他人は眼中になく,人間を人間とも思わない.そしてこのような観念が形成された風習-例えば,公徳心に欠け,礼節がなく,無秩序でロジックに欠け人権を軽んじ,法治を軽蔑し,協力を嫌がり虚栄心と個人的権威を重んじ,言うことと思っていることが一致せず,上に対してはおべっかいを使い,下に対しては威張り散らし,傲慢で,あるいは自らを卑しめ,貪欲に人の財産を奪い取り,簡単に人を殺したり…など,こんな事は日常茶飯事である」

魯迅狂人日記」〕

「四千年の食人の歴史を持つおれ」

「やつらの祖師,李自珍の書いた『本草なんとか』という本には,はっきり人肉は煮て食えると出ているじゃないか.これでもやつは,自分は人間を食いませんと言えるか」

ヘーゲル「歴史哲学」〕

「この民族の著しい特徴は,彼らが凡そ精神に属する事柄に,すなわち自由な人倫とか,道徳とか,心情とか内的な宗教とか」「に欠けている」

「懲戒の場合には犯罪防止の根拠は単に罰に対する怖れであって,不正に関する内面的な意識ではない.というのは,ここではまだ行為そのものの本性に関する反省は前提されていないからである」

「また,そこには名誉心というものもなく,何人も他人に比べて特別な権利をもつというわけでもないから,自然に卑屈の感情が一般を支配することになり,それはまたやがて自暴自棄の意識に移って行く」

「シナ人の甚だしい不道徳は,この自暴自棄と関係しているのである.彼らは機会ある毎に人を瞞(だま)すので有名である」

■上海の屋内施設、全面禁煙に バーも飲食店もダメ

(朝日新聞デジタル - 03月06日 09:58)