過去と未来を想う

絶望するのと同じ能力、

その未来を想像するという能力があるから、

人間は希望を持てる。

          松沢哲朗

チンパンジーは、一瞬ぱっと目の前に示された数字を丸覚えするのは上手だが、

ずっと先のことに思いをはせたりはしないので、絶望もしない。

これに対してヒトは、過去や未来といった不在の時に心をたなびかせる。

だから、過ぎた日を懐かしみ、後悔もすれぱば行く末を案じ、祈りもする。

 霊長類学者の「想像するちから」から

3月30日 朝日新聞 折々のことば より

失敗であっても思い出は懐かしく美しいものと感じる歳になった。

もう未来は少なくなっているのだが、

明日はあのひとに逢えるとの、「待ちどおしい感」を楽しむことができている。

広告を非表示にする