有声音と無声音

子音と母音がセットになって、ひとつの音を作っている、ということだ。

母音を発音する時に、しっかりと声帯が振動している。

子音というのは、舌先がどこに付いているとか、舌の奥がどうなっているとか

そういったことで音を作っている。

この組み合わせで、言葉のもとになる音を作っているのだ。

声帯がふるえている音を有声音と呼ぶ。

「あー」と言いながらのどぼとけに手を当てると、振動しているのがわかる。

「酢」と言うのではなく、「sー」と子音のところだけ、隙間風のような音を発音している時に

のどぼとけを触っても、振動していない。

「酢」と言ってみると、先に「s」のこすれる音が聞こえてから、

のどぼとけが振動するのがわかる。

母音は後から付いてきているのだ。

「k」と「苦」、「t」と「津」、「c」と「血」といった具合に、

のどぼとけを触りながら、ひとつの音を意識してゆっくり発音すると、

子音と母音のタイミングの違いと、声帯の振動のタイミングがわかる。

声帯がふるえていない音を無声音と呼ぶ。

母音が無声化する場合もある。

母音は声帯の振動だけで作っているのではなく、

口の形が違う。

口の形だけその母音の形になっていれば、声帯が振動しなくても、

その母音を伴っているように聞こえる。

東京もんの発音の「否定」の「ひ」のところとか、

「企画」の「き」と「く」のところとか。

大阪人が同じ言葉を言っても、同じ発音にはならない。

つづく

広告を非表示にする