私を蔑ろにせんといて

ご喜元いかがでしょうか

アダルトチルドレンの誤解を解き 本来の『私』の愛と幸せ自由を手に入れる』

24時間カウンセリング 人生経験豊富なメンタルサポーター大山桃子です。

ここでの記事は

必要な方に届きますように・・・と  

ご本人の許可のもとあげさせていただいています。

カウンセリングをうけたからといって内容を掲載されるわけではありません。

『私を蔑ろにせんといて〜!』(インナーチャイルドの叫び)

蔑ろ(ないがしろ) - 語源由来辞典

gogen-allguide.com 「な」から始まる言葉

ないがしろは、「無きが代(なきがしろ)」がイ音便化された語。 「代(しろ)」は「身代金」などにも使われるように、「代わりとなるもの」を意味する。 「代」が無いということは、「代用の必要すら無いに等しい」という意味である。 つまり、人を無いようなものとして扱うこと ...

職場で嫌いな人が居るというさん

さん

『職場で嫌いな人が居るんです』

私『嫌いな人って?』

さん

『とにかくイライラするんです。

作業の時に「これはこうしてね」って言ってるのに

ちゃんとしないし、何度言っても同じこと繰り返すし

見てると腹が立ってくるんです。もう年配のひとや

し覚えられへんのかな?とかも思うんですけど。

何度も何度も繰り返すのでイライラしてくるんで

す。』

『その時どんなこと考えてるの?』

さん

『何回言ったらわかるん!(怒)』

『他には?』

さん

『なんでできひんの、ちゃんと聞いてる(怒)』

『その人からどんなふうに扱われてる感じる?』

さん

『無視されてる・・・』

『無視されてる?』

さん

『・・・なんかちょっと違いますね。 

・・・あっ、 ないがしろにされてる感じがします。』

『ないがしろにされてる感じがするんやね?』

さん

『そうです!』

『さん 「私のことないがしろにせんといて!」

って言ってみて』

さん

『・・・    ・・・    ・・・  (涙)言えない

です。』

『言えない・・・

言えなかったら無理に言わなくてもいいよ。

大丈夫?』

さん

『言おうとすると・・・ なんか・・・怖い感じが

します。 言おうとしたら思い出した事があります。

幼い頃 なんでかは忘れましたけど、母がメチャク

チャ怒ってて・・・その時私「わたしはいらない子

んや・・・」って思ったことが蘇りました。』

さんの心の中でインナーチャイルドは『私はいら

いこなんだ』『ないがしろにされるひとなんだ』という

事を信じていてその『思い』が出来事に反応してい

たのです。

そんなインナーチャイルドの叫びに気付いた

さんは職場でその人にあっても全くイライラすること無く

他の人から

『どうしたん?△△さん(年配の人)になんかやさしくなったね』

と言われたり

自分のできる作業を変わってあげたり自然とでき

るようになっていたそうです。

おまけにそれまでずっと痛かった肘の痛みが消え

ていたそうです。

インナーチャイルドとは私たちの

幼い頃の『記憶』 

幼少期には色んな誤解が起こりやすく

『私は要らない子なんだ』という『誤解』

そこから『ないがしろにされる人なんだ』という『思い』

当時 事実としてないがしろにされたかもしれないけれど

『ないがしろにされた事があった』だけで

『ないがしろにされる人』なんていないですよね。

そんな『思い』から目の前の出来事に反応し

繰り返し怒りを感じるという事が

起こっていたのです。

そんな誤解したままのインナーチャイルドの『思い』を

理解し癒してあげることによって

出来事への『反応』が変わったという例です。

頭では『年配の方だし仕事を覚えるのが

大変なんだろうな』と理解していても

『記憶の反応』(インナーチャイルド)は

『私はないがしろにされる人』

『きっとないがしろにしているに違いない』

『私のことないがしろにしないでよ!』

『私はないがしろにされる人』という無意識の大前提

本人が気付いていない思い込みは『自動的』に

目の前の出来事に対して『という事は』と意味を付ているのです。

で 

『ほらやっぱり私の事をないがしろにしている』

(だって『私はないがしろにされる人』だから)

という『反応』が起こっていることに気付いてあげて

誤解を解いてあげることによって『反応』が

変わるのです。

この『自動反応』によって

苦しみは『私の中』でおこるのです。

あなたのインナーチャイルドはどのような『反応』を

しているか気付いていますか?

あなたが今何を考え何を感じているのか知ってい

ますか?

必要な方に届きますように・・・