4月13日の日記

今日の出来事:710年−藤原京から平城京に遷都、744年−恭仁京から難波京に遷都、翌年再び平城京に遷都、1336年−南北朝動乱:多々良浜の戦い、1352年−南北朝動乱:武蔵野合戦、1468年−応仁の乱:稲荷山の戦い、1668年−宇都宮興禅寺刃傷事件、1861年−井口村刃傷事件、1874年−佐賀の乱江藤新平処刑、1904年−日露戦争:第七次旅順口攻撃、1945年−第二次世界大戦:城北大空襲

今日は、遷都が2回行われました。藤原京から平城京に遷都:710年に、元明天皇により、「藤原京(奈良県橿原市)」から「平城京(奈良県奈良市)」へと遷都が行われました。左大臣石上麻呂を「藤原京」の管理者として残したため、右大臣・藤原不比等が事実上の最高権力者になりました。恭仁京から難波京に遷都:740年、「藤原広嗣の乱」の後に、聖武天皇が「平城京」から「恭仁京(京都府木津川市)」に遷都しました。聖武天皇は遷都が好きで、742年には「紫香楽宮(滋賀県甲賀市信楽町)」へ、744年に「難波京(大阪市)」に遷都しました。しかし、745年に再び「平城京」に戻しました。

次に、南北朝動乱:多々良浜の戦いです。後醍醐天皇の「建武の新政」に謀叛した足利尊氏は、新田義貞を「箱根・竹ノ下の戦い」で破りましたが、「豊島河原の戦い」で楠木正成北畠顕家に敗れました。その後、赤松円心に助けられ、九州へと落ち延びました。足利尊氏筑前筑後豊前の守護である少弍貞経に迎えられました。少弍貞経は、息子・頼尚に援軍を率いさせて足利尊氏に派遣しました。しかし、肥後の菊池武敏や阿蘇惟直がこの隙を付き、大宰府を襲撃しました。少弍貞経は自害して果てました。足利尊氏は少弍頼尚と共に、たった2千騎で菊池武敏や阿蘇惟直に戦いを挑みました。宗像大社で戦勝祈願した後、多々良浜で決戦となりました。しかし、菊池軍に裏切り者が出て、菊池武敏は敗走し、阿蘇惟直は自害しました。こうして足利尊氏は九州の勢力を味方に着け、全域を支配下に治めてしまいました。そして、足利尊氏は少弍頼尚と再び東上し、南朝軍を率いる新田義貞楠木正成との決戦「湊川の戦い」が行われる事になります。

その次に、南北朝動乱:武蔵野合戦です。武蔵野合戦は、南北朝時代の「観応の擾乱」での合戦です。1351年、「観応の擾乱」により、北朝足利尊氏派と足利直義派に分裂し、激しい戦いを繰り返しました。足利尊氏南朝と和睦し、鎌倉の足利直義を攻撃しました。駿河で行われた両軍による「薩峠の戦い」に勝利した足利尊氏は、翌1352年に足利直義を降伏させ、鎌倉に入りました。その後、足利直義は急死しましたが、足利尊氏による毒殺説があります。一方、南朝方の北畠親房北朝方の不和をつき、東西で呼応して京都と鎌倉の同時奪還を企てました。3月31日、新田義貞の遺児である新田義興・義宗は、鎌倉奪還を目指して従兄弟の脇屋義治南朝に降伏していた北条時行らとともに、上野国で挙兵しました。また、同時に征夷大将軍に任じられた宗良親王信濃国で挙兵しました。新田義興南朝勢は、鎌倉街道を南下しました。南朝勢には、足利尊氏に反発する直義派の武将も多く参加しました。足利尊氏は、鎌倉を出て武蔵国狩野川に布陣し、南朝勢を迎え撃とうとしました。南朝勢は4月3日に一旦鎌倉を占領しましたが、4月5日に金井原(東京都小金井市)と人見原\xA1

陛豕鮄塢榁羯圈砲蚤㌫璩Ľ塙臉錣鮃圓い泙靴拭A佇鈇箸眩蠹槪梁山欧鮟个靴泙靴拭B㌫璿沙瓩蓮⌆霏ゟ饑佗諭陛豕鮄埖翕豢茵砲謀餌爐掘∪ě呂硫麌詎鮨泙蠅泙靴拭◦慧諜曾,賄ɕ疇宗丙覿霧Ñ兄劃丨藩鮖劃丨龍①砲某悗鯢澆①⊇[豹堂Δ凌僐酸Ľ篦承素匹両綽祈蕙欧塙舂丨靴泙靴拭◁慣遑隠各訢⊄㌫璩Ľ反慧沈Ľ蝋睥鏝供丙覿霧Ï賡盪圈法∉驒峅聾供丙覿霧¿校鎧圈法⊂倂蟷惴供丙覿霧Æ蠡彔圈砲嚢臉錣箸覆蠅泙靴燭❶⊄㌫璩Ľⅹ〕琛靴泙靴拭G圓譴真慧諜曾,榔杆緤鑱漫⊇[豹堂Δ録僐司鑱未僕遒善笋咾泙靴拭0貶釥〻皸羝兇反邑ɔ兇寮錣い慮紊貌酳鈇肪♡个靴討い真慧諜繕宗∀堂圧措▷∨名鮖髖圓蓮∋葦沙瓩了抉腓鮗擷韻導福劼貌類蠅泙靴拭◀靴ǂ掘⊃慧諜曾\Ľ稜塰未鮹里襪硲慣遑隠尭詎乏福劼鮹♡个掘∩衞蝋餡和湿襦平斉狎邯Ë㌍曽綏柑核鳴\xAE)に立て籠もりました。4月26日に、足利尊氏は鎌倉を奪還しました。敗れた新田義興脇屋義治は越後に逃亡しました。北条時行は、鎌倉付近で足利基氏の手の者に捕らえられ、龍ノ口で処刑されました。

その次の次に、応仁の乱:稲荷山の戦いです。骨皮道賢は、元は目付の頭目で侍所所司代・多賀高忠に仕えて盗賊の追捕を行っていました。1467年の「応仁の乱」で、細川勝元に金品によって勧誘されて足軽大将として東軍に属して戦いました。伏見の稲荷山(京都市伏見区)に拠点を置き、放火や後方攪乱を担当しました。しかし、翌1468年、山名宗全、斯波義廉、朝倉孝景畠山義就大内政弘らの大軍に、布陣していた稲荷社を包囲されました。骨皮道賢は女装して包囲網を脱出しようとしましたが、露顕して朝倉孝景に討ち取られました。

そのまた次に、宇都宮興禅寺刃傷事件です。宇都宮藩主・奥平忠昌が死去し、興禅寺で法要が営まれました。宇都宮藩奥平家には「長篠の戦い」で武勲を挙げ、将軍に対する永代御目見えという特権を得た「七族五老」と呼ばれる重臣12家がありました。奥平忠昌の法要で、そのうちの2家の当主であった奥平内蔵允(奥平家の譜代衆である五老の家柄、別名「黒屋家」)と奥平隼人(奥平家の傍流にあたる七族の家柄、別名「中金家」)の2人が些細な事から口論となり、憤慨する奥平内蔵允が奥平隼人に抜刀しました。奥平内蔵充の法要への遅刻を「腰抜け」となじった奥平隼人を、武士の一分を立てるためと斬りつけたのでした。ところが、返り討ちに遭って刀傷を被った奥平内蔵允は、満座の法要でいっそうの侮辱を受けました。その場に居合わせた大身衆の同輩、兵藤玄蕃などの仲裁により、双方はそれぞれの親戚宅へ預かりの身となりました。しかし、その夜に奥平内蔵允はこれを恥じて切腹しました。藩庁に対しては、興禅寺での刀傷から「破傷風で死去」と報告されました。藩の処分は、事件から半年後の10月7日に下されました。奥平隼人は改易、切腹した奥平内蔵允の嫡子で12\xBA

个留軀晋使❹汎眤"瑤僚渉錙ε疎∪議垢浪範祝彈鈇両紂⊊品詎ⅺ修慧呂気譴泙靴拭N昭圓箸皹軀寝箸鯆匹そ个気譴觀舛任△蠅覆❹蕁⊄腓④丙垢❹△蠅泙靴拭1軀親眤⊇爾琉篁硑燭舛蓮⇔樟僐圓覆蕕弍軀身賛佑論敲△箸覆襪呂困任△襪函⌅佑虜枋蠅魄要瑕殳類噺ǂ泙靴拭1軀晋使❹燭舛紡个靴討和㉖跑犁遒鯡燭犬討Ľ④覆❹蕁-軀身賛佑箸修良磧θ昇悗悗聾遽劼鯢佞韻徳漚蟒个靴討い燭里任靴拭◀海僚菠❹砲蓮〼𣝣淮樟僐圓箸擦困防垳畯燭任△襪板品詎気譴娠軀晋使❹箸修琉貘欧紡个靴篤云陲垢觴圓ⓑ浬个靴泙靴拭1軀寝箸鮓ɔ造辰届何佑凌箸箸覆觴圓盡修譴泙靴拭◀海Δ靴董-軀晋使❹陵薪泙蓮〼敘擇呂發箸茲蟒顛辰了卍錣泙任發⓴泙泙譴覦戝弔箸覆蠅泙靴拭8使⓰貪泙狼愼い鮴世辰同⏁垉椶鯊狹召掘■廓垸召盪麌絜靴泙靴拭1軀身昇悄θ賛佑良禹劼蕕蓮ゟ掌佑隆胗棔β腟彿歃昢Ρ厂腓硫杏澆某箸魎鵑擦泙靴拭1軀親眤"瑤琉篁硃Ω使❹錬看噱紊法-軀身賛佑里い觜掌佑硫杏澆飽貪泯苅何佑覇い粗類蠅泙后◀修靴董⊂怵寨髹笋埜使❹鯑い措茲蠅泙后◀海譴❶ゟ掌融安腟愼い舛琉譴帖崗怵寨髹笋竜愼い繊廚任后8綰咩△△寮嵎耋音里盪温佑砲靴燭噺世♢檥錣箸覆蠅泙后\xA3

そのまた次の次に、井口村刃傷事件です。井口村刃傷事件は、幕末の土佐藩にて起こった刃傷事件です。事件後の処分を巡って、上士と郷士が対立しました。1861年4月13日の夜、小姓組の山田新六の長男・山田広衛と茶道方・益永繁斎が、節句祝いの宴会の帰りに永福寺という寺の門前で郷士・中平忠次郎と肩がぶつかりました。中平忠次郎は、非を認めて謝罪して立ち去ろうとしました。しかし、相手を郷士と見た山田広衛は、酒の勢いもあって中平忠次郎を罵倒しました。口論の末に逆上した山田広衛は抜刀、中平忠次郎もこれに応戦しましたが敵わずに殺害されました。中平忠次郎に同行していた宇賀喜久馬は、中平忠次郎の兄・池田寅之進にこの事態を知らせました。2人は急いで現場へ駆けつけましたが、時既に遅く、中平忠次郎は殺害された後でした。近くくの小川で刀を洗い、喉の渇きを潤している山田広衛を発見した池田寅之進は、背後から袈裟懸けに斬り掛かりました。山田広衛を殺害した池田寅之進は、近くから提灯を借用して現場に戻ってきた益永繁斎も殺害しました。池田寅之進は当初、弟の亡骸を運ぼうとしましたが、現場に駆け付けた上士・諏訪助左衛門と上士・長\xB2

安校溶困裡何佑❶峪狢里鬚澆世蠅飽榮阿気擦襪海箸篭悗犬蕕譴討い襦廚犯爐旅堝阿鰔襪瓩泙靴拭◀修里燭瓠⊅單墜卩型覆皸戝供⊊錣遼干爾鮖萁量臍阿悗般瓩掘~類瓩鴇綮涼◀遼干爾六嚇腸箸法⊅翳臣藜]困琉簑里話單腸箸悗醗絜Ⅷ茲蕕譴泙靴拭M眥ǂ砲六檥錣録諭垢涼里襪箸海蹐箸覆蝓∋嚇長⑰劼硫箸砲肋綮涼◀❶⊅單墜卩型覆硫箸砲篭浸涼◀ⅸ犬泙蠅泙靴拭N昭圓聾澆い紡亰茲擦鵑搬½❹い討Ľ蝓"貎㉒㉘唎隆躓,魴泙┐討い泙靴拭◀海了顗〻浸梁Δ謀欄顚横戯个虜篷槊暁呂盪臆辰靴泙靴拭◀海了歠屬蓮⊅單墜卩型覆髪Р豐邉彷呂寮敲△鬚發辰董△修瞭詎瞭發房鍥Δⓘ佞韻蕕譴泙靴拭1Р豐邉彷呂寮敲△蓮⊃涜歌»颪い硫爾嚢圓錣譴泙靴拭2雕琛鬚靴燭里⓱Р豐邉彷呂亮揃察♢藿鎮慮頁圭擄併藿墜夘Г良磧砲任靴拭◉檥鏝紂⌅佑六嚇長⑰劼良磧♧携❹魘狄欺菠❹箸靴泙靴燭❶⊊錙♦]哉❹砲浪汎弔料蠡海魑槪靴泙靴拭0貶釥∋檥錣亡❹Ⅴ類泙譴新舛両尚羃箸髪Р豌箸話農篏菠❶⊅翳寝箸斑單腸箸漏箆祝彈鈇僚菠❹❹覆気譴泙靴拭◀海侶萃蠅剖浸梁Δ凌諭垢亙阿蝓△海了檥錣糧焦噱紊坊訐丨気譴襦崚攤感于ε沺廚寮ě漏搬腓悗鳩劼❹蠅泙靴拭\xA3

さらに次に、佐賀の乱江藤新平処刑です。「佐賀の乱」は、江藤新平島義勇らをリーダーとして佐賀で起こった明治政府に対する士族反乱の一つです。不平士族による初の大規模反乱でしたが、電信の情報力と汽船の輸送力・速度を活用した政府の素早い対応もあり、激戦の末に鎮圧されました。江藤新平らは鹿児島に入りましたが、西郷隆盛に決起の意志がなかったため、土佐へ向かって片岡健吉と林有造に挙兵を訴えました。ところが、既に手配書が廻っており、高知県東洋町甲浦で捕縛されました。捕吏長・山本守時は江藤新平に脱走を勧めましたが、裁判で闘う決意を固めたため、これに応じませんでした。政府軍が佐賀城下に迫ると島義勇は佐賀で討ち死にするつもりでしたが、実弟・副島義高らが「境原で政府軍を防ぐので再起を期せ」と無理矢理脱出させました。島義勇島津久光に決起を訴えるため、鹿児島へ向かいましたが捕縛されました。江藤新平は東京での裁判を望みましたが、大久保利通は急遽設置した臨時裁判所で権大判事・河野敏鎌に審議を行わせました。河野敏鎌は、明治政府の司法制度を打ち立てた江藤新平の昔の部下でした。わずか2日間の審議で、4月13日の\xC8

酬菘殂詎帽焼◦景燭氾腟鼠Δ尒羲鵝■隠洩召ⅶ村鵑箸覆蠅泙靴拭9焼◦景燭蕕虜枷修賄欞蕕ǂ薹困ⅲ茲泙辰唇店𣇄枷修如⊋胊曚箴總覆竜_颪睛燭┐蕕譴泙擦鵑任靴拭◀修慮紊癲∈寛譴任六梁欧蕕鮹羶瓦防垈困米阿④ⓑ海①■隠牽沓掲唎痢崟焼鄒鐐茵廚覆匹帽舂丨垢觧梁欧發い泙靴拭0焚爾❶嶌寛譴陵陝廚能莊困気譴深圓任后\xA3

「征韓党」梟首:江藤新平、斬首:山中一郎、中島鼎蔵、朝倉尚武、西義質、香月経五朗、山田平蔵

憂国党」梟首:島義勇、斬首:副島義高、村山長栄、福地常彰、重松基吉、中川義純

その他、石井貞興は佐賀城陥落の直前に脱出して鹿児島県に逃れ、旧知の桐野利秋のもとで匿われました。「西南戦争」では薩摩藩軍に身を投じて活躍しましたが、敗戦後に逮捕されました。そして、長崎に移送され、斬首の刑に処せられました。

さらに次の次に、日露戦争:第七次旅順口攻撃です。4月7日に、日本の連合艦隊司令部は「第七次旅順口攻撃」を発令しました。その作戦案は、第四・五駆逐隊と第十四艇隊および「蛟龍丸」から成る部隊が第二駆逐隊の護衛の下で旅順港口付近へ機雷を隠密敷設するとともに、第三戦隊(装甲巡洋艦2隻で増強)がロシア艦隊主力の誘致を図り、第一戦隊が誘い出されたロシア艦隊を攻撃するという内容でした。悪天候のため作戦は順延され、4月12日午後5時40分に機雷敷設部隊は旅順港口へ向けて出撃しました。同日午後11時から13日0時30分まで、敷設部隊は各艦船や駆逐艦「村雨」に曳航された団平船に積まれた機雷計44個を港口外へ敷設しました。この間、雨による視界不良によりロシア側から発見される事はありませんでした。13日の早朝、敷設援護任務の第二駆逐隊と哨戒中のロシア駆逐艦「ストラーシヌイ」が交戦したのをきっかけに、ロシア巡洋艦「バヤーン」が救援のため湾外へ出撃し、日本の第三戦隊と旅順の湾口で砲戦となりました。日本艦隊を追撃すべくロシア側はマカロフ中将指揮のもとに戦艦「ペトロパブロフスク」他、戦艦2隻、巡洋艦3隻、駆逐艦\xA3

浩匹隆和蘯舂呂ⅸ亰發靴泙靴拭B猗鬚垢訛荵粟鐶發茲蠅療妬鵑鮗擷韻篤䡄椶梁莪貔鐶發ⅰ澑腓剖遒韻弔韻泙靴燭❶▲蹈轡〴和發呂海譴鮓ǂ独薪召掘⇔♥緞ぢ罎亮幼瓿發貌䡄楷和發鰺兇ζ阿④鮓ǂ擦泙靴拭◀海了顗■隠飴顚械科❶屮撻肇蹈僖屮蹈侫好咩廚Ľ茲啾街劼垢訐鏨蓮屮櫂戞璽澄廚ⅱΔ某㉝襪靴泙靴拭↗蹈轡⊄Δ呂海譴鮴璨緜絜旅況發噺軫Г靴導ぬ未鰺霄佑靴泙靴拭H鏗欧鮗擷韻拭屮撻肇蹈僖屮蹈侫好咩廚亘っ討筏虗襪陵暁絜鵬辰┐謄椒ぅ蕁爾ⓖ耷唎靴浸槪砲茲蠶惜廚掘∈他茲離泪ɓ蹈嫦羮④眄鏤爐靴泙靴拭◁慣遑隠監訢▲泪ɓ蹈佞慮綰せ愆瑫韻箸靴洞謀豼軻弔離┘凜押璽縫ぁΕ▲譽唫察璽┘嫗臂④ⅻ鏨蓮屮札凜.好函璽櫂蝓廚肪綰い靴督樟椹愆琛鮗垢蠅泙靴拭0文紂∉䡄楷和發旅況發❹△辰討眄儷謀Ľ僻新發鮃圓錣覆唎覆蠅泙靴拭9垢貌䡄槊Ψ海⓱橳豉濂㉙婉瓩望緡Δ靴浸槪鬘儀遑監詎肪里辰織▲譽唫察璽┘佞蓮∀⇒蹐鮴笋燭譴觧槪魘欧譴栃德靴愧♡个掘〴和發了愆琛鬟Ε↗奪肇殴侫半嚳④貿い擦泙靴拭\xA3

最後に、第二次世界大戦:城北大空襲です。1945年4月13日の深夜に「B−29」爆撃機330機により、東京の西北部が空襲されました。主として豊島・渋谷・向島・深川方面が被害を受けました。死者2459名、焼失20万戸の被害を出しました。豊島区では、死者778人、負傷者2523人、焼失家屋34000戸の被害で罹災者の数は161661人と、実に当時の人口の約7割に及びました。この空襲によって命を失った数多くの犠牲者が、当時「根津山」と呼ばれた「南池袋公園」の一角に埋葬されました。

今日の誕生日:松平信康トーマス・ジェファーソン(第3代アメリカ合衆国大統領)、大原幽学、後藤象二郎浅野総一郎吉行淳之介宮尾登美子藤田まこと上沼恵美子(元海原千里・万里)、西城秀樹萬田久子牛島和彦、ヒレル・スロヴァク(元レッドホットチリペッパーズ)、西崎幸広名越美香(元おニャン子クラブ・元ニャンギラス)、つみきみほ水嶋ヒロ中元日芽香(乃木坂46)、ホリスキーオサイチジョージ、カリブソング、ツインターボファビラスラフインアグネスタキオンひこにゃん諸星あたる

今日の記念日:喫茶店の日、決闘の日、水産デー、新型インフルエンザ対策の日、浄水器の日、恵美子の日

今日の「今日訓」:本日は、1888年に東京・下谷上野西黒門町に日本初のコーヒー専門店「可否茶館」が開店した事で「喫茶店の日」、慶長17年4月13日、船島(巌流島)で宮本武蔵佐々木小次郎の決闘が行われた事で「決闘の日」、1901年に「漁業法」が制定された事で「水産デー」、2009年4月13日にメキシコで最初の新型インフルエンザの患者が確認された事から「新型インフルエンザ対策の日」、「4(良)1(い)3(水)」の語呂合わせで「浄水器の日」、上沼恵美子の誕生日(1955年4月13日)にあやかり、日本全国の恵美子さんにエールを送る日「恵美子の日」となりました。

広告を非表示にする