4月29日

連合国が日本のA級戦犯28人を極東国際軍事裁判に起訴:昭和21年のこの日。極東国際軍事裁判(The International Military Tribunal for the Far East)とは、第二次世界大戦で日本が降伏した後の昭和21年5月3日から昭和23年11月12日にかけて行われた、連合国が「戦争犯罪人」として指定した日本の指導者などを裁いた一審制の裁判のことである。東京裁判とも称される。この裁判は連合国によって東京に設置された極東国際軍事法廷により、東条英機元首相を始めとする、日本の指導者28名を、「平和愛好諸国民の利益並びに日本国民自身の利益を毀損」した「侵略戦争」を起こす「共同謀議」を「昭和3年1月1日から昭和20年9月2日」にかけて行ったとして、平和に対する罪(A級犯罪)、人道に対する罪(C級犯罪)および通常の戦争犯罪(B級犯罪)の容疑で裁いたものである。「平和に対する罪」で有罪になった被告人は23名、通常の戦争犯罪行為で有罪になった被告人は7名、人道に対する罪で起訴された被告人はいない。裁判中に病死し

た2名と病気によって免訴された1名を除く25名が有罪判決を受け、うち7名が死刑となった。日本政府及び国会は昭和27年に発効した日本国との平和条約第11条によりこのthe judgmentsを受諾し、異議を申し立てる立場にないという見解を示している。詳細は日本国との平和条約第11条の解釈参照。昭和21年1月、被告の選定にあたってイギリスはニュルンベルク裁判と同様に知名度を基準に10人を指名した。執行委員会の4月4日会議では29名が選ばれるが、4月8日には石原莞爾、真崎甚三郎、田村浩が除外された。4月13日にはソ連検事が来日したが、ソ連側は天皇訴追を求めなかった。そのかわり4月17日、ソ連鮎川義介重光葵梅津美治郎富永恭次藤原銀次郎の起訴を提案し、そのうち重光と梅津が追加され、被告28名が確定した。

荒木貞夫板垣征四郎梅津美治郎大川周明大島浩岡敬純賀屋興宣木戸幸一木村兵太郎、小磯國昭、佐藤賢了重光葵嶋田繁太郎白鳥敏夫、鈴木貞一、東郷茂徳東條英機土肥原賢二永野修身橋本欣五郎、畑俊六、平沼騏一郎広田弘毅星野直樹松井石根松岡洋右、南次郎、武藤章(出典:今日は何の日、Wikipedia)画像は、裁判所が置かれた市ヶ谷の旧陸軍士官学校講堂。

広告を非表示にする