日誌

予てより不可思議に在ったコト。

宮本武蔵と呼ばれた人物、私じゃなくてココでの宮本武蔵

マスター(ぐだ子と呼ばれているが)・・・どうも男らしい。

―――バカな、そんなコトが。

何故なのだろう、なぜかしら?

もしかして私・・・・・宮本武蔵じゃないのかもしれない?

いや、それこそバカな。

女性(にょしょう)に於いては空に至れずと、仏門の必定も柵(しがらみ)も未だ越えられず。

が、己の身は仏門に連なる血筋なれど武門にあるが我が自在。

練磨を怠らずが千日の鍛よりの条理。

関係ないけどぐだ子って平の仮名でかくと僅かばかり美味しそうな響きと思ったり。

広告を非表示にする