6月11日(日)、 東京都・国分寺市にて、シャンタンさんの ゆるゆる瞑想をします。

6月11日(日)、 東京都・国分寺市にて、シャンタンさんの ゆるゆる瞑想をします。

ハリマンさん

今回は私の方からシャンタンさんとヌクイさんにお願いしました。

そして、すぐに実現の運びとなりました。

お二人に、宇宙の運びに感謝です。

 

二か月前、府中の「鹿」さんがシャンタンさんと私のもとにやってきて→

シャンタンさんが神の遣いの鹿のいる奈良へ行き、国分寺の大元である大仏開眼

そして、今回の光の柱建て。(国分寺はその当時の武蔵国の都=府中に建てられたのです)

大きな宇宙の運びを想います。

4月14日・15日に奈良で行われた

シャンタンさんのゆるゆる瞑想会にて、

東大寺にて光の柱建てをし、

大仏の第三の目が再び開眼されたそうです。

そして、日本全国の国分寺

エネルギーが広がっていきました。

この東大寺の大仏と国分寺との関係が、

日本で唯一発動した華厳の仕組みです。

聖武天皇の時代から、この仕組みがあります。

このワークショップは、6月11日です。

11日は、9.11や3.11がありました。

このちょうど間の日となります。

この重要な日に、日本首都の国分寺

武蔵国分寺跡)にて光の柱建てをし、

さらに祈り合わせで全国の方の祈りが届きます。

今一度、東大寺から日本全国の国分寺に、

そして、国分寺から地域全体に、

平和・エネルギーが広がっていくことを祈ります。

シャンタンとは、平和という意味です。

地球は、国境のない、一つの美しい平和な星です。

瞑想したり、食事したり、寝転んだり、

十分ゆるんだところで、みんなで、

武蔵国分寺跡に移動して、光の柱を建てましょう。

難しいことは何もありません。

瞑想がはじめてのかた、大歓迎です。

遅刻・早退・ドタ参大歓迎です。申し込みは必要ありません。

どなたでも、お気軽にご参加いただけます。

あなたにお会いできることを楽しみにしています。

【日時】

6月11日(日)

10時〜16時

【場所】

多喜窪公会堂・2階大広間

国分寺市泉町3-5-16

【料金】

4,000円

特典として、平和の水スティックタイプ1本をプレゼントさせていただきます(2,000円相当)。

【持ち物】

お肉以外の食事1品、箸、飲み物など

※水晶・クリスタルをお持ちのかたは、ぜひお持ちいただき、シャンタンさんの奏でる三昧琴のそばに置いてください。

【申込方法】

特にありません。そのままお越しください。

【その他】

・会場は多喜窪公会堂・2階大広間です。

「シャンタンのゆるゆる瞑想」といった

 名称の表示は出ていません。

・昼食は、そのまま会場で参加者の皆さんで

 分け合って食べます。

 ごはんもの、おかず、デザートなどお肉以外の

 一品をお持ちください。

 量は適当で、手作りでも買った物でも何でもOKです。

 【お弁当箱の蓋をお皿代わり】にして食べます。

 気になる方は、ご自身のお皿をお持ちください。

・動きやすい服装でお越しください。

 あぐらをかいて身体を動かしたり、寝ころんだりします。

・会場にはゴミ箱がありません。

 「ゴミは各自お持ち帰りください」ますよう

 ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

・行くと決めてから、もしくは前日や直前に、

 先に好転反応が出て体調が悪くなる可能性があります。

 ご参加いただければ、大きくエネルギーが動き、

 大きく疲れやカルマやいろいろなものが抜け、

 元気になりますので安心してお越しください。

【シャンタンさんからのメッセージ】

【ゆるゆる瞑想を、通して悟りを体験していただきます。】

これからわたしたちは、

からだをもったまま

次の次元に行きます。

個人としての

あなたは解け、

全体とひとつに

なるのです。

私たち日本人が

悟るためには

丹田

おりることが早道です。

今こそ、

ゆるゆるした意識の中で

もっと、

もっと

自分の内側に

入っていき

丹田に入り

【自分の底の底】から

【自分自身やすべてを観る】ことです。

からだを緊張させるのではなく

ゆるめて

やすらぎの中で

努力もなく

くつろいで

あそびながら

ゆるめた丹田

落ちていくことです。

丹田こそが

ぼくたちの

生まれもった中心です。

丹田の中に

すべて意識と

エネルギーが

入ったとき、

宇宙の中心とつながります。

それが悟りです。

いま、

宇宙的エネルギーの

ジェットコースターに

乗っかっている

ようなものですから

このエネルギーの

波乗りをするときです。

ますます、

予定調和的な生き方が

むずかしくなり、

明日何が起きるか、

数時間後に何が起きるかが

予測できません。

ただ、

いまここを

トータルに生きる、

生き切ることしかありません。

それが、

日本語の只今、ただいま、

という言葉です。

そして、

これこそが、

このときこそが

大きな覚醒のチャンスです。

時代は、まったくもって予期することが難しい時です。

自分の感覚を信じ

感ずるまま

流れのまま

随神(かんながら)にて

タイミングさえも、時の満つるままに任せましょううううううう

日本には、悟った人が沢山出ました。

その一人が、道元禅師です。

 

道元禅師は言います。

只管打座(しかんだざ)。

ただひたすら座る。

道元さんがあるとき、訊かれました。

「心をもって悟るのか? それとも、体をもって悟るのか?」と。

答えて曰く、「体を通して悟るのだ」と。

日本人には、理屈はいらない。

それが、日本人が丹田という文化をもっていたということです。

この丹田に意識とエネルギーが入ったとき、宇宙の中心とつながります。

だから、ただ、リラックスして自分の中に入っていく。

そして、深く入って、深く入って、丹田の中に降りること。

このことが、悟りへの早道です。

道元さんは、悟りのことをつぎのようにいいました。

心身脱落。脱落心身。

緊張が落ちてリラックスすること。

この日本人の緊張がとれたとき、悟りの世界がひろがります。

バガバァンは言います。

悟りの中にいれば、どんな津波地震

あなた方を害することはないでしょう。

 

ゆるゆる瞑想は、

ぼくの身体を通して思い出した方法です。

古代、縄文時代、まだ人びとが素朴で純粋な時代、

共同体の中で

病気なおしや、健康のために集まって、

お互いのエネルギーをまわし合って

ひとりでは取り切れない疲れや、

からだの毒を流し取っていきました。

ただ、ゆるやかに丹田をまわす、

誰にでもできるからだの運動を通して

丹田がスペースになり光になり 、

ゆるやかな空間になった時・・・

人はリラックスして、丹田の中に

やすらぐことができます。

ただ、ひたすらくつろぐ。

それは自分自身の中に深く入っていくことであり、

みずからのいのちのみなもと、

丹田にやすらぐことです。

 

それは静かな至福そのものであり、

これ以上の喜びはありません。

そして、そこにいる人すべてと、輪、和、わに なり、

エネルギーがひとつになります。

このゆるゆる瞑想を、通して悟りを体験していただきます。

このワークショップは、

どなたでも、参加できます。

参加表明も何もいりません!

時代は予期することが難しい時なのです。

感ずるまま

流れのまま

随神(かんながら)にて

時の満つるままに任せて

そのまま会場にお越しくださあああああああああああい!!!

【ゆるゆる瞑想とは】

食べながら、話しながら、どんなときも

できるシンプルな瞑想法です。

武道、茶道、書道など、和の文化の

中心である丹田に意識を置きます。

この丹田を前後左右、骨盤に沿って回します。

骨盤の中には、使い切れなかった感情が溜まっています。

その感情を燃料にして、丹田を回します。

円になってゆるゆる瞑想をすると

場のエネルギーが高まります。

縄文時代に人々は村で焚き火を

囲んでこの瞑想をしていたことを、

シャンタンさんは、体を通して思い出しました。

円で繋がってエネルギーを回し、高め、

病気の人が居れば、それを癒し、

問題を抱えている人が居れば、それを癒していたそうです。

お腹をぐるぐると回し、リラックスし、

エネルギーの滞りがなくなります。

【光の柱建てとは】

頭の上から光を吸い込んで、

背骨を通って

足の裏から吐き出していきます。

その光は、地球の中心に届き、

マグマが光に変わって、地球全体に広がります。

その光を、足の裏から吸い込んで、

背骨を通って

頭の上から吐き出していきます。

その光は、北極星に届きます。

北極星と地球の中心を繋ぐ呼吸を繰り返します。

身体はだんだんエネルギー体に変わっていきます。

すなわち「光」です。

シャンタンさんは日本各地のみならず

海外でも光の柱を建ててきました。

【平和の水とは】

https://www.facebook.com/groups/1005298926178671/

200万人の祈り、ディクシャなどの

エネルギー(波動)が込められています。

祈りはとても繊細な波動です。

その繊細なエネルギーを定着させるため、

中身は水ではなくアルコールを使用しています。

そのためエネルギーが出続けるのが特長です。

蓋を開けずに、エネルギーを転写させて使います。

コンコンと軽くたたいたり、

水の中にビンごと入れてみてください。

祈りの繊細な波動が広がっていきます。

使い方は無限大で、どのように使っても

海までその波動が流れ、循環します。

【ゆるゆる瞑想・音声のみ】

https://www.youtube.com/watch?v=pArgtbqYJhY

【交流の場-shantam cafe】

https://www.facebook.com/groups/894259980594081/

シャンタンさんのワークショップ(アウェイクニングコース・ゆるゆる瞑想・からだの教室など)に参加されたかた、お気軽にご参加ください。非公開の交流の場です。

【問合せ】

ヌクイ ノブアキ

07064374811

【主催】

ハリマン(国分寺市在住yujiharima)

https://www.facebook.com/yuji.harima.1

ヌックン(荒川区在住ヌクイノブアキ)

https://www.facebook.com/Nobuaki.nukui.tanden

∞ シャンタンさんのプロフィール ∞

https://www.facebook.com/events/558270241032151/permalink/572703332922175/

∞ シャンタンさんからのメッセージ ∞

【ゆるゆる瞑想を、通して悟りを体験していただきます。】

https://www.facebook.com/events/558270241032151/permalink/572731716252670/

【ゆるゆる瞑想は古い社会の舞台を降りて、楽屋に帰ってきたひとたちのためにあります】

https://www.facebook.com/events/558270241032151/permalink/572703796255462/

【一刻も早く日本から、最後の地球の大掃除を始めて下されよ】

【oshoが肉体を離れる前、禅宣言の時、直接、瞑想を指導して

丹田に入っていくことをガイドしていました。】

https://www.facebook.com/events/558270241032151/permalink/572731209586054/

【僕は、芭蕉が、日本人の中で最も好きな人です。】

【感情と戦わないこと、これが大きな覚醒の道】

https://www.facebook.com/events/558270241032151/permalink/572703629588812/

【バガヴァンのことば】

https://www.facebook.com/events/1773968496175068/permalink/1786252811613303/