卓球の世界選手権混合複同一ペアで58年ぶりの2大会連続決勝

今日は、午前中に床屋へ行き、昼食まで1時間ほどあったのでバイクで亀石峠へ行った。

天気が良くて、バイクで走るには最高だ!

亀石峠も久しぶりで、ストレス解消が出来た。

午後18時から19時までテニスのレッスンを受け、19時から21時までテニスの仲間とテニスの練習をした。

混合複同一ペアで58年ぶりの2大会連続決勝で歴史的快挙…石川絶叫「アンビリバボーです!」

 卓球の世界選手権(デュッセルドルフ)は3日、混合ダブルスの決勝で石川佳純(全農)、吉村真晴(名古屋ダイハツ)組が、陳建安、鄭怡静(台湾)組にフルセットの末に4-3で大逆転勝ち。2大会連続決勝で、同種目48年ぶり金メダルの歴史的快挙を成し遂げた。