繁殖期の鳥の調査と特別展

20年ほど前から、5-7月頃の繁殖期に、大阪府を中心とした繁殖鳥の分布調査をしている。今年は、大阪市内の公園で繁殖する鳥の調査。この季節は、繁殖期な上に、特別展の準備も重なり、観察会にもいいシーズンな上に、プロジェクトとか他の調査で動かないといけないことも多い。ようするに大変忙しい。

特別展で忙しい時は、繁殖期の鳥の調査を軽めのにして、特別展にあまり関わらないでいい年は、調査にがんばる。ってな基本方針はあるけど、なかなかうまいこといかない。今年は忙しいので、軽めの調査の年。で、特別展の準備(おもに解説書)が一段落したので、そろそろ調査をがんばらないといけない。今年は、サシバ調査とか、バードリサーチの繁殖調査とかもあるので、それなりに調査も忙しい。

で、今年の調査も特別展も終わってないのに、来年以降、どんな調査しようかと、なんとなく思い始めた。20年も調査をしてるとネタが尽きる。というか、同じ企画を繰り返して、変化を追いたくなる。時々長期計画を立てた方がいいに違いない。

ってことで、過去を振り返ってみよう。

メインの繁殖調査を並べるなら、

1997年:大阪市内の公園で繁殖する鳥の調査(第1回)

1998年:大阪府下の公園で繁殖する鳥の調査(第1回)

1999年:大阪府の農耕地で繁殖する鳥の調査(第1回)

2000年:大阪府下のため池で繁殖する鳥の調査

2001年:大阪府下の河川で繁殖する鳥の調査

2002年:大阪市内の公園で繁殖する鳥の調査(第2回)

2003年:大阪府下の公園で繁殖する鳥の調査(第2回)

2004年:大阪府周辺のミソサザイ繁殖分布調査

2005年:同上(続き)

2006年:大阪府下のコシアカツバメの生息状況調査

2007年:大阪市内の公園で繁殖する鳥の調査(第3回)

2008年:大阪府下の公園で繁殖する鳥の調査(第3回)

2009年:大阪府のサギ類・カワウ繁殖コロニー調査

2010年:大阪府ササゴイ繁殖コロニー調査

2011年:大阪府の農耕地で繁殖する鳥の調査(第2回)

2012年:大阪市内の公園で繁殖する鳥の調査(第4回)

    関西の駅のツバメの巣調査

2013年:大阪府下の公園で繁殖する鳥の調査(第4回)

2014年:ムクドリイソヒヨドリ・ハッカチョウ分布調査

2015年:大阪府ソウシチョウの繁殖分布調査

2016年:同上(続き)

2017年:大阪市内の公園で繁殖する鳥の調査(第5回)

来年2018年は第5回の大阪府の公園調査で決まり。問題は、2019年。ため池調査とか河川調査繰り返したいけど、とくにため池調査はかなりの気合いがいるんだな。そして、2019年は、特別展の主担当。とすると、10年ぶりにサギ・カワウコロニー調査か? ササゴイもまとめてやるって感じかなぁ。