感応同苦感応同悲感応同喜

photobytakashifukushima

芳村思風一語一会vol2958

感応同苦感応同悲感応同喜

今までは、共感同苦、共感同悲、共感同喜でした。

共感から感応に変わりました。

------------------------

感応は、理屈を超えたもの。

仏教用語にも感応妙や感応道交という言葉もあります。

理性は短所や違いを探す。

感性は長所や同じ所を探す。

違いを探すから、対立がおこる。

同じを探して、共感するのは感性。

人間の本質は、こころ。

理屈じゃない心が欲しい。

心が満たされたいと願っている。

心をあげるとはどういうことか?

誰もがみな自分の気持ちをわかって欲しいと願っている。

そうか、そんなに辛かったのか。わかってあげなくてごめんね

そうだよな〜。わかるよと受け止めること。気持ちを理解してあげること。

がんばれ!ではない。

そうか、そんなに苦しかったのか〜と苦しみを共に感じること。

許してあげる、待って居てあげる、好きになってあげる、認めてあげることが

心をあげるということ。

心は、満たされきることはない。

なぜなら求めるものは、人それぞれ違うから。

お互いにどうして私の気持ちをわかってもらえないのか?と思っている。

誰もがみな私のことなんか誰もわかってくれないと思っている。

自分が愛されたいと思うようには、愛されることはないから。

親は、どんなに努力しても、子どもは父親も、母親も、オレのことをわかっていないと感じている。

子どもが思っているようには、子供を理解していないから。

それは、子どもが求めるものと、父母が思っていることには、必ず差があるから。

男女の関係においても同じ。

男性がどれだけ女性を愛しても、女性は満たされることはない。

女性がどれだけ男性のことを愛しても、男性は満たされることはない。

それは、男性が求めるものと、女性が求めるものが違うから。

長年連れ添った夫婦でも、言わなければ伝わらないことも多い。

それくらいわかってくれよでけんかになってしまう。

お互いがお互いのことをわかる努力をする。伝える努力をする。

これだけ愛しているのにと思った瞬間から、押し付けになる。

これでいいのか

こうしたら喜んでくれるかな

と悩む心に愛がある。

一緒に苦しみ、一緒に悲しみ、一緒に喜ぶことで、心が通じるのです。

共鳴共振共感から感応へ

やさしい笑顔と光がすべての方に届きますように

芳村思風語録

1000

新日めくりカレンダー製作中

7月末発売予定

芳村思風先生の勉強会

7月7日(金)滋賀思風塾

1830〜2030草津エストピア

参加費4000円

後継者育成講座13期

7月22日土〜23日日

13期4回コースの第1回目です

名古屋での開催です

お問合せは

思風庵哲学研究所